発達障害の子ども達はゆっくりでもその子なりのペースで育っていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

定型発達のお子さんは、大体年齢に応じて発達をしていきますが、

発達障害を持つお子さんは、運動能力、言葉、記憶力、判断力、

コミュニケーション能力などいろいろな部分で

その子なりの緩やかなペースで育っていきます。

 

発達の遅れが気になる部分では、その力を補っていくための

取り組みが必要になりますが、苦手の克服ばかりではなく

その子の得意な部分や好きなことの力を伸ばしていくことが大切です。

そうすることで全体的な力の発達にもつながっていくので、

子ども達一人一人の気持ちや興味に寄り添った支援を

提供していくようにしています。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「積み木拾い」をご紹介します。

 

複数の色や形をした積み木を、床にたくさんばら撒いておきます。

「黄色い積み木を2つ」や「青くて四角い積み木を1つ」

「トマトの色の積み木を1つとほうれん草の色の積み木を1つ」などの

指示を出すので、指示された積み木を拾って戻ってきます。

 

指示通りの積み木を拾うためには、指示を聞くための集中力、
判断力や語意力、記憶力などが必要になり養われます。
1人1人に合わせて難易度を調整しながら指示を出していきます。

 

慣れてきたら歩いて取りに行くのではなく、クマ歩きやカンガルージャンプで

やってみたり、拾った積み木をそれと同じ色の箱に入れてくるようにしたり、
拾った積み木と同じ色のものを1つ言ってから戻るようにしたり、
様々なアレンジで子ども達の力を伸ばしていきたいと思います。