発達障害特性ゆえの行動でも周囲から誤解されてしまうことが多々あります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害という言葉は以前に比べて上がってきていますが、

詳しい内容について正しく理解している人は

どれくらいいるでしょうか。

 

ASD(自閉症スペクトラム)では、こだわりや融通がきかないといった

特性が「わがまま」や「自己中心的」などと思われてしまうことがあります。

また、善悪の判断が難しく、やってはいけないことと知らずに

やってしまうこともあります。

それらは「脳の特性ゆえ」のことで、本人も本当につらい思いを

しているのですが、周囲からは誤解を受けてしまいやすいのです。

 

周囲が正しく理解して、適切に関わっていくことで

日常での困り事も減っていくので、まずは周囲の人達の理解と

特性に合わせた支援が必要になります。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスでも、1人1人が安心して

日々の生活を送り、社会の中で生きていくために必要な能力を

身に付けていけるように療育支援を提供していきます。

 

今日は、私達の教室で提供している運動療育プログラムの中から

タオルを使った簡単なあそびをご紹介します。

 

1枚のタオルを床に広げて置きます。
子どもはその上に体操座りの姿勢で座り、タオルの端を両手で持ちます。
大人は子どもと向かい合って立ち、タオルの端を持って
そのまま後ろ向きに歩いて引っ張っていきます。

 

慣れてくると、タオルの上で倒れないようにバランスをとることが
うまくなるので、バランスが取れるようになってきたら、

まっすぐに引っ張るだけでなく左右に振ってカーブしたり、

スピードを変化させながら遊んでいきます。

 

しっかり力がついてくると、お尻をつかずにしゃがんだ姿勢でも

できるようになります。
最近はしゃがむことが苦手な子ども達も増えているので、
こうした遊びでしゃがむ動作も日常的に取り入れていくようにしています。