LDでは得意不得意がはっきり見えるので将来を見据えた支援が大切です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害の中でも学習障害(LD)だけを持つ子ども達の場合は、

特定の分野だけで苦手さが目立ち、それ以外の面では特に困難や遅れが

見られないので、早い時期から得意・不得意が
はっきり見えやすいという面があります。

得意・不得意が見えてくれば、得意な面はそのまま伸ばしていき、

苦手なことは無理にやらせず、少しずつその子のペースで

力をつけていけるように支援・サポートをしていきます。

いつも子ども達の将来を見据えた支援を大切にしていきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「ジグザグフープジャンプ」をご紹介します。

 

直径30cmほどの小さめのフープを、床にジグザグになるように

並べてコースを作っておきます。

子ども達はそのフープの中を、両足ジャンプでジグザグに進んでいきます。

 

ジャンプをする時に、足が離れてバラバラになってしまうと

足の指先の踏ん張る力や腹筋背筋など、ジャンプ遊びによって

鍛えられる力が刺激できないので、両足は閉じた状態で

ジャンプしていくようにします。

 

両足を閉じたジグザグジャンプが難しい子もいますが、

1人1人の発達段階に応じて、段階を追って進めていくことで

無理なくスムーズにステップアップしていくことができます。

そして何より子ども達が楽しさを感じながらできるように

遊びの要素を盛り込み、興味に合ったものを提供していくので、

無理なく力をつけていくことができます。