発達障害の特性によって宿題がやりたくてもできない子ども達がいます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

学校の宿題は多くの子ども達にとって嫌なもので、

さぼってしまいたいこともあると思いますが、
発達障害やその特性を持つ子ども達が宿題をやらない場合は、

そういう次元の問題ではないことがほとんどです。

「やりたくてもできない」
その子なりの理由があるのです。

 

例えばLD(学習障害)の特性によって、お手本を見て漢字を書き写すことが

とても苦手だったり、音読が苦手だったり、
ADHDの特性から1つのことに長時間集中することが困難だったりと、
それぞれの理由で「やらない」のではなく「できない」のです。

 

この理解がない状態では、子ども達はただただ辛い思いを

し続ける状態になってしまいます。
発達障害の診断がないグレーゾーンの子でも、困っていることがあれば
その症状や特性に合わせた療育支援が必要です。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「手押し車でじゃんけん」をご紹介します。

 

子ども達は2人組みになり、手押し車をします。
手押し車のポイントは、前で歩く子は膝を伸ばして足をまっすぐにし、

足首は立てておくことと、腹筋背筋に力を入れて

体が反らないようにしておきます。
後ろで足を持つ子は、足首ではなく膝や太ももの辺りを持つようにし、
ペースを前の子に合わせて歩くようにします。

 

そして手押し車で移動している途中で、じゃんけんをするように
指示を出すので、子ども達はその時一番近くにいるペアを

見つけてじゃんけんをします。
じゃんけんは、前の子が行います。
できるだけ多くのペアとじゃんけんができるように挑戦します。

 

手押し車の姿勢でじゃんけんをするためには、両手で体を支えている

状態から片手を離す必要があり、腕の力はもちろんですが、

つぶれてしまわないようにバランスをとる体幹の力も強くなります。

 

また、ペアでの遊びであることや、指示を聞いて近くの友達を探して
タイミングを合わせてじゃんけんをすることで、社会性の発達も

しっかりと促すことができます。

子ども達一人一人育てていきたい力が違うので、

一人一人と丁寧に向き合い、最適な療育活動を提供して

子ども達が生活しやすくなるように支援をしていきたいと思います。