発達障害は成長の過程でわかるものですが早期の適切な対応が必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害は先天性のものですが、生後すぐにわかるわけではなく

成長していく段階で年相応の発達が見られなかったり、

本人や周囲の困り事が出てきて初めて障害ということになります。

しかし、症状の程度の差や持っている特性、他の障害との合併などもあり、

診断は簡単ではありません。

 

現れている症状が似たようなものでも、原因となっているのは

ASDによるものだったり、ADHDからきていたりするので

しっかりと見極め、適切に対応することが必要になります。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムの中から「なぞなぞグーパー」をご紹介します。

 

まずは「グーパー跳び」の練習をします。

両肘を曲げて胸の前でくっつけ、両足を閉じたグーの姿勢と、

両手両足を伸ばして大きく広げるパーの姿勢を交互に繰り返します。

このグーパー跳びが一定のリズムでスムーズにできるように

なったら、グーパー跳びをしながら指導者の出すなぞなぞに答えます。

 

一定のリズムを刻んで動きながら別の思考をするのは

とても難易度が高いことなので、最初のうちはゆっくりなリズムで

跳びながら行います。

ゆっくりで良いので、なぞなぞを聞いている時も
答えを考えている時も答えを言った後も、グーパー跳びを
維持しながら行えるようにします。

 

この遊びでは、動きながら相手の声に耳を傾ける集中力、
相手が言っていることを理解する語彙力、答えるための判断力、
跳びながら話す調整力などが強く養われます。

これらの力は日常生活での大いに役立つので、

遊びの中で少しずつ確実に育てていきたいと思います。