人の話に注意を向けることが苦手な発達障害の子ども達には工夫や配慮が必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害の子ども達は、人の話に耳を傾けることが

苦手な子が多く、大事な指示を聞き逃して困ることがあります。

声は聞こえていて返事はしていても、内容は理解していないことも

あります。

 

大事な話をする時は、名前を呼んだり、「今から大事な話をします」

と最初に注意をこちらに向けてから話すようにするなど

その子に合わせた配慮をすることが大切です。

 

集団行動に遅れたり、忘れ物が多いなどの改善につながるので、

子どもの自己肯定感の低下を防ぐことにもなります。

1人1人に合わせた支援をしていきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「なぞなぞ横跳び」をご紹介します。

 

赤と黄色など、色の違う2本の縄を床に並べて置きます。

子ども達はその2本の縄の間に入って一列に並び、

指導者が指示した色の縄を横跳びで跳び越します。

跳ぶ時は一人一人バラバラに跳ぶのではなく、「せーの」の

掛け声に合わせて一緒に跳ぶようにします。

 

色の指示をする時は「赤い縄を跳びましょう」

「いちごの色を跳びましょう」

「赤じゃない方を跳びましょう」

「黒い縄(無い色)を跳びましょう」

「先生が持っている旗の色の縄を跳びましょう」

など様々な要素を盛り込んだ指示で、子ども達の聞く力、

イメージ力、判断力、空間認識力や状況判断力などを育てていきます。

そして、自分のタイミングではなく全員同時に跳ぶことで、

集中力や抑制力なども育てていくことができます。

 

 

楽しく遊ぶことが何より大切で、子どもがやらされていると

感じてしまうと療育の効果が大幅に減ってしまうので、

子ども達に合わせた楽しい療育プログラムで

社会生活に必要な様々なスキルの習得や苦手の克服、

そして日常生活での困り事を減らしていけるように

きめ細やかな支援をしていきたいと思います。