ADHDやASDでの多動性は脳の特性なので適切な支援が必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ADHDなど発達障害で多動性の症状が強く出ている場合、

家庭でも学校でも様々な困り事があります。

 

多動になるのは、脳の前頭葉の働きが弱く、五感からの刺激が

そのまま情報として入ってくるので、1つのことに集中できない、

入ってきた情報にその都度反応して動いてしまう、という

ことが起きます。

他にも、何もやることがなくて暇な時に、何か面白いことはないかと

動き回ったりすることもあるようです。

 

多動性や衝動性は、時に危険につながることもあります。

周囲の人の支援はもちろんですが、できることから1つずつ

ステップアップしていけるような働きかけが大切になります。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「スキップで鬼ごっこ」をご紹介します。

鬼ごっこをスキップで行ないます。
逃げる子も鬼の子も、全員走らずにスキップだけで

行なわなければいけないというルールです。


速く進みたくて途中で走ってしまいたくなりますが、
その気持ちを我慢してルールを守ることで、
抑制力や感情コントロール力、社会性を強く育てていくことができます。

また、スキップで速く進んだり、素早く方向転換をすることで
足の親指で地面を蹴る力や身体コントロール力、バランス力などが
発達し、運動面の上達や日常生活での動作の向上にもつながります。

 

楽しく遊びながら様々なスキルの習得を目指していけるように、

日々工夫した療育プログラムを提供しています。