発達障害は、持っている特性によっては気付かれにくいこともあります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ADHDの特性といえば「不注意」「多動性」「衝動性」ですが、

この中の「多動性」や「衝動性」による症状は、
対人関係のトラブルが多くなりがちで割と目立つことが多いです。
そのため周囲も障害に気付きやすいといえますが、
「不注意」による症状は、周囲に迷惑をかけることが
比較的少なかったり、ただのうっかりと勘違いされやすいこともあり、
見過ごされてしまうことがあります。

 

また、これらの症状は人によって現れる程度に個人差があり、
生活に支障をきたしていてもなかなか周囲に気付かれにくい
ということも多々あります。

 

日常生活で困り事を抱えている子ども達には、療育活動による

早期の適切な支援が必要です。

私達の教室でも、一人一人に合った療育カリキュラムで

支援・サポートを提供していきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「ウシガエルの線路上進み」をご紹介します。

 

まずウシガエルの動きは、足を股関節からしっかり開いてしゃがみ、

両手はパーに開いて真ん中に揃えてついた姿勢から

手→足→手→足の順番に前に出して進む動きです。

 

このウシガエルの動きを、線路を使って行います。

床に2本のテープなどを、間を20センチほど空けて貼り、

線路に見立てたものを作ります。

線路の端で子どもはウシガエルの姿勢になり、顔を前に向けます。

そして両手を線路の中についたら、ジャンプして足は線路の外側につきます。

これを繰り返して線路を進んでいきます。

 

手をつく時は指先ではなく手のひらまでしっかりつけて、

跳ぶ時に体重をしっかり支えることができるようにします。

そして足をつく位置は、手の横か手よりも前に持ってくることで

腕にかかる負荷を増やし、体重を支えられる腕の支持力を育てます。

 

中には手と足が別々の動きをすることで混乱してしまったり

スムーズにできないこともあるので、補助をしたり隣で見本を

見せたりしながら少しずつできるようにしていきます。

これができるようになると協応力が身に付き、

日常生活での動作の向上にもつなげることができます。

 

 

腕の支持力も協応力も、現代の子ども達には不足しがちな

力なので、運動あそびの中でしっかりと育てていきたいと思います。