ASDでは言葉の発達に遅れがある場合もあり、発達を促す支援が必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達の多くは

人とコミュニケーションを取ることに苦手さがありますが、

言葉の発達に遅れがある場合もあります。

少しずつ話せる単語を増やしながら、少しずつそれを文章にして

いけるようにトレーニングが必要になります。

 

ただ、大人が焦ってトレーニングと意気込んでやりすぎたり、

子どもにとって難しすぎる内容だと

子どもも嫌になってしまい続きません。

療育では、子どもが自主的に興味を持って取り組むことが

効果を高めるポイントでもあるので、

うまく遊びの中に取り入れながら促していくことが大切です。

 

また、日常の中での声掛けでも練習ができるように

意識していくことも大切になります。

焦らず少しずつできることを増やし、その都度たくさん

褒めてあげながらステップアップを目指していきましょう。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「りんご足キック」をご紹介します。

 

まず、脇を締めて腕を曲げた状態で鉄棒にぶら下がり、

足も膝を曲げて持ち上げ、体を小さく丸めた「りんごさん」になります。

ここから、片方の足で前方向にキックをします。

できれば右足、左足交互にやってみます。

 

終始腕を曲げた懸垂の状態をキープすることがポイントで、

全身の力をとても使います。

途中で腕が伸びてしまう場合には、お尻を少し支える補助をします。

また、顎が開きがちですが、顎が開くと腹筋に力が入りにくく

なるので、顎を開かないように伝えます。

 

この遊びでは、主に鉄棒を握る指の力と腕を曲げて体を引き付ける

上半身の力、足を持ち上げるための腹筋や下半身の力が育ちます。

逆上がりの習得につながる遊びでもあるので、

子ども達の段階に合わせて提供していきます。

 

また、繰り返し行なうことがとても大切なので

子ども達が興味を持ち積極的に取り組めるような

遊び作りを心がけて、楽しく効果的な活動にしたいと思います。