ADHDではワーキングメモリの容量が少ないためそれを補う支援が必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ワーキングメモリは短期記憶や作業記憶と呼ばれるもので、

「脳のメモ帳」や「記憶のお盆」とも呼ばれています。

ADHDではこのワーキングメモリの容量が少ないとされていて、

さらに外部からの刺激に全て反応してしまうため、

覚えておくべき記憶がどんどんお盆から抜け落ちて

いってしまいます。

 

これは本人がいくら忘れないように努力しても

それだけでは難しいので、やるべきことはメモしておいたり

やるべきことをリスト化、マニュアル化する、

必要に応じて声掛けするなど個々への支援が大切になります。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスの教室でも、

子ども達が自信や自己肯定感を下げてしまわないように

そして生活がしやすくなるように支援をしていきたいと思います。

 

今日は教室で提供している運動療育プログラムから

「コウモリで積み木積み」をご紹介します。

 

まずは鉄棒で逆さまにぶら下がる「コウモリ」に変身します。

そして足に力を入れてしっかりと固定したら、両手を離して

鉄棒の下に置いてある積み木を積んで遊びます。

 

「赤い積み木を3つ」や「四角い積み木の上に三角の積み木」

など、積み木の積み方は指導者が指示を出します。

指示の出し方や積み木を置く位置などで幅広く難易度調整が

できるので、1人1人に合わせて提供していきます。

 

また、得意な子でもあまり長い時間逆さまになっていると危ないので、

10秒~長くても20秒くらいで交代するようにします。

 

この遊びでは主に背筋を伸ばす筋肉を使うので

体幹の筋力が強く育ちます。

こうした遊びで育てていくことで日常生活での良い姿勢の保持や

動作の向上などにつながっていくので、

1人1人に合わせて発達を促していきたいと思います。