発達障害の子ども達は生活リズムが乱れやすくサポートが大切です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD(自閉症スペクトラム)やADHDといった発達障害を持つ
子ども達は、いろいろな理由から睡眠不足になりがちです。

 

睡眠不足は成長期の子ども達にとっては大敵です。

理由があって眠るのが難しいので、そう簡単にいかないことも

多いのですが、体・心・脳の発達のためにもできるだけ

規則正しい生活リズムが作れるようにしたいですね。

 

大きくなればなるほど生活習慣を変えるのは困難なので、
子どものうちに規則正しい生活リズム、必要な能力を身に付けて

おけるような働きかけが大切です。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスでも、1人1人に合わせた

支援でサポートをしていきたいと思います。

 

今日は、教室で提供している運動療育プログラムの中から

「横ジャンプ移動」をご紹介します。

 

数人ずつ横一列に並び、体を横向きにしたら肘を体の横につけて

ステップを踏むようにして横ジャンプで進んでいきます。

もし途中で曲がって進んでいってしまう場合には、

足元にテープなどでコースを作って行います。

 

顔の向きは進行方向に向けてしまいがちですが、

正面を向いたままで進むようにしたいので、

最初のうちは指導者が子ども達の前で向かい合って

見本を見せながら行います。

 

最近は横に動くような動作をする機会が少なく、

反復横跳びのような巧緻性を必要とする運動を苦手としている

子がとても多くなっています。

リズミカルに長い距離をできるように繰り返し遊び、

下半身の筋力や巧緻性、リズム感などしっかり育てていきたいと思います。