発達障害ではできることとできないことの差が大きく本人も周囲も困惑することがあります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害を持つ子ども達は、できることとできないことの差が

大きい傾向にあります。

そのため、周囲からは「どうして他はできるのにこれだけ

できないの?」「できるはずなのにさぼっている」などと

思われてしまうことがあります。

 

しかし、一番困っているのはその子自身なので

それを周囲が理解し、助けてあげることが必要なのです。

こどもプラスの放課後等デイサービスでは、

1人1人の得意や苦手をしっかりと把握し、

最適な方法で支援ができるように考えています。

 

今日は、こどもプラスの教室で提供している運動療育プログラム

の中から「だるまさんがころんだ」のアレンジ遊びの1つ、

「つま先歩き+ポーズで静止」をご紹介します。

 

まずは「だるまさんがころんだ」のルールを確認しておきます。

鬼以外の子ども達は、足音を立てないつま先歩きで進み、

鬼の「だるまさんがころんだ」の声に合わせてピタっと静止します。

止まる時のポーズは、「お地蔵さん」や「フラミンゴ」

「カメさん」のように鬼が指定します。

 

鬼は相手が止まりにくい姿勢を考え、止まった時に体が

静止できていない子や、ポーズが違っている子を

素早く見つける力が必要になります。

他の子ども達は、鬼を注視して「だるまさんがころんだ」の

声をよく聞いていなければ止まるのが遅れてしまうので、

集中する力が必要です。

 

そして、指定されたポーズを覚えておくこと、

「お地蔵さん」はどんな形だったかを想像して、自分の体を

その形に近づけるイメージ力や模倣力なども大事になります。

 

つま先歩きの動きは腹筋背筋が育っていないとバランスを

とるのが難しく、スピードをつけすぎても静止するのに

かなりのバランス力が必要なので、難しくなります。

その辺りの調整ができるように、日頃から体幹を養うような

遊びを多く取り入れて遊びの幅を広げていきたいと思います。