発達障害の子ども達が暮らしやすくなるための支援が必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD(自閉症スペクトラム)は、生まれつきの認知機能の偏りに

よって、他の人と物事の感じ方や理解の仕方などが異なり、

主にコミュニケーション面での困難さがあります。

 

状況によっては、自分勝手でわがままな行動をしているように

見えてしまうこともありますが、決してそうではなく

脳の働きの偏りによってその行動が起きていることを

周囲の人が理解しておくことが支援の第一歩です。

 

 

そして、必要な支援を行ない、子ども達が暮らしやすくなるように

働きかけていくことが大切です。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「おつかいゲーム」をご紹介します。

 

スタートラインから少し離れたところに、絵カード、帽子、
ぬいぐるみ、色付きの紙コップなどいろいろな物を
並べて置いておきます。

 

子どもはその中から指導者に指示された物を持ってきますが、
ただ歩いて持ってくるだけではなく、
「クマ歩きで行って、「り」から始まる赤くて丸い物を持って、
戻ってきましょう」
「カニ歩きで行って、青いコップを持って、

帰りは後ろ歩きで戻ってきましょう」などのように、

個々に合わせて条件を指定して行ないます。

 

条件の複雑さや指示の出し方などは、個々に合わせて、
簡単すぎたり難しすぎたりしないように調整して遊びます。

 

この遊びではコミュニケーション能力を育て、

集中力、抑制力、記憶力などの力の発達を促すことができるので、

少しずつステップアップしながら繰り返し行い、

日常生活に活かせる力を育てていきたいと思います。