発達障害の子ども達が将来活かせる力を療育で育みます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害を持つ子ども達は日々の療育によってできることが増え、

少しずつ適応力が身についたり、学習面での成長もみられて

きますが、それでも将来の生活への不安はあると思います。

 

就職、日々の家事や買い物などの自立した生活、

そして生きていく上では人とコミュニケーションを

とらずには生きていけないので、コミュニケーションスキルも

必要になります。

 

今の困り事だけでなく、将来を見据えて生活力アップを

目指していくことも大切です。

私達こどもプラスの放課後等デイサービスでは

そんなことも大事にしながら日々の療育活動を行なっています。

 

今日は、教室で提供している運動療育プログラムの中から

「リズムに合わせてグーパー跳び」をご紹介します。

 

まずグーパー跳びを行います。

グーは、両腕を曲げて胸につけ、両足を閉じて跳ぶ姿勢。

パーは、両腕を伸ばして上にバンザイのように広げ、

両足を開いて跳ぶ姿勢です。

これを交互に繰り返して進んでいくのがグーパー跳びです。

 

このグーパー跳びを一定のリズムで行いますが、

自分のリズムではなく指導者のリズムに合わせて跳びます。

速いリズムで行なうのが目的ではなく、人のリズムに合わせて

動くということが大切なポイントです。

 

手と足の両方に意識を向けて、リズムに合わせて動くことで

前頭前野がとても活発に働きます。

子どもの興味に合わせたり、集中できるように環境調整をしながら

繰り返し取り入れていきたいと思います。