発達障害特性があり支援が必要な子ども達には1日も早い支援が必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害特性を持つ子ども達には、その診断の有無に関わらず

1日でも早い適切な対応が必要です。

様子を見ようと思っているうちにあっという間に1年が

過ぎてしまったという話もありますが、

子どもにとっての1年は、大人の10年といっても良いほどの

大きな意味を持つこともあります。

 

支援を必要としている子ども達に、少しでも早く適切な支援が

行き渡るように、私達も活動をしていきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「ミニハードル走り」をご紹介します。

 

子どもの膝くらいの高さのハードルを複数設置し、

順番に跳び越しながら走っていきます。

 

スムーズに進んでいくために、つま先で走ること、腕を振って

走ること、ハードルの前で一旦止まらないこと、両足ジャンプでは

なく走りながら跳んでいくことなどがポイントになります。

ただ、これらを全て意識して行なうのは難しいので、

その子に合わせて1つずつクリアしていけるようにします。

 

スムーズにハードルを跳び越していくには、ジャンプが大きすぎても

小さすぎてもだめなので、繰り返し行ないながら

空間認知力やハードルの高さに合わせて

体の動きをコントロールする力を身に付けていきます。

 

また、慣れてきたら直線コースだけでなくカーブのあるコースに

挑戦してみたり、他の動きと組み合わせてみたりしながら、

それぞれが自分のペースで力をつけていけるように工夫して提供しています。