子どもの成長に最適な環境を整えてあげることが大事です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害を持つ子ども達は、この4月から通常学級・通級・

特別支援学級・特別支援学校などそれぞれの進学先に

通われると思います。

 

そんな中で大事なことは、本人が学習面、友人関係や集団活動などの

学校生活でストレスや不安を抱えてしまったり、

負担に感じていないかどうかということです。

周囲の環境や支援の方法などでその子の成長度合いに

大きな違いが出てくるので、子どもの様子をよく観察しながら

最適な環境作りをしてあげたいですね。

 

私達も療育活動を通して、子ども達の将来につながる支援を

していきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「指先でカップ運び」をご紹介します。

 

子ども達は数人でグループ分けし、横一列に並びます。

そして体操座りのように座ったら、両手は後ろについておきます。
一番端の子に1つカップを渡すので、
足の指先でカップのふちを挟んで持ち上げ、
それを隣の友達に足で渡します。

受け取ったら、次々に隣の友達に足で渡していきます。

 

カップの挟み方は、両足の指先で挟むか、片足の指先で挟む
やり方のどちらでも良いですが、必ず足で挟んで
隣の友達に渡すように約束しておきます。

 

慣れてきたら、グループ対抗で競争にしてみたりもします。
この時、上手にカップ運びをするためのポイントを
友達同士で教えたり教えられたりすることで
友達との関係作りができ、社会性の発達につながるので

様子をみながらそうした時間も取り入れていきます。

 

環境の変化で不安定になりがちな時期なので、

子ども達の気持ちに寄り添いながらサポートしていきたいと思います。