ASDでは暗黙のルールなど理解が難しいものが多く丁寧な支援が必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害を持つ人達にとっては、多くの人達にとっての「当たり前」が

当たり前ではないということがたくさんあります。

 

例えば、いわゆる「暗黙のルール」と言われるものは、

他の子ども達は日常生活の中で自然と学び

身に付けていくことができますが、

ASD(自閉症スペクトラム)の特性のある人にとっては

理解が難しく、1つ1つ丁寧に繰り返し教えていく必要があります。

 

暗黙のルールがわからないと、トラブルの元になったり

良好な対人関係を築くのが難しくなるので、

個々に合った方法でスムーズな生活につながるように

支援をしていきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「表情当てゲーム」をご紹介します。

 

まずは子ども達と一緒に、喜怒哀楽の様々な表情を作って遊びます。

「怒った顔」「嬉しい顔」「悲しい顔」など

いろいろなバリエーションを見せながら確認していきます。

 

慣れてきたら、指導者が顔を作り、それがどんな表情なのかを

当てるゲームをしてみます。

表情だけでなく、動作を加えてみたりもします。

 

さらに、「お腹が痛い時の顔」や「おもちゃを買ってもらった時の顔」

など、いろいろなキーワード、シチュエーションを使って

子ども達の記憶力やイメージ力なども育てていきます。

 

社会生活の中で、相手の表情を感じる力はとても重要になるので、

日々のこうした遊びの中で少しずつ確実に育てていき、

子ども達が安心してスムーズに生活していけるように

考えていきたいと思います。