発達障害では発達の個人差が大きいので個々のニーズに合った療育を行います。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

子ども達の成長発達には個人差があるものですが、
特に発達障害を持つ子ども達の場合には個人差が大きくなります。
また、定型発達の子ども達に比べて学習や行動のパターンも

異なるので、より慎重に観察し対応していくことが必要になります。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスの教室では、

1人1人のニーズに合わせた対応ができるように心がけ、

必要なスキルを習得していけるように導いていきます。

 

今日は、こどもプラスの教室で提供している運動療育プログラムの

中から「障害物ウシガエル」をご紹介します。

 

ウシガエルのやり方は、足を開いてしゃがみ両手はパーにして

真ん中につき、先に手を前に出してから

足でジャンプして前に進んでいく動きです。

手足同時ではなく、手→足→手→足の順番に前に出すことが

ポイントの動きなので、しっかり確認しながら行います。

 

そして、このウシガエルで、フラフープを並べて作ったコースを

渡っていきます。

フープの中だけに手足を入れて、フープに手足が当たらないように

気をつけながら進んでいきます。

そのためには、フープの位置をよく見て正確に距離を測り、

それに合った強さのジャンプをすることと、

体をコントロールする力が必要になります。

 

また、ウシガエルの動きでは腕の力を強く育てるために

足をできるだけ前に持ってくることも大事ですが、

フープを使うことでフープの中に手足を入れるために

足を前に大きく出す意識が生まれます。

それによって空中で長く体重を支えることになるので、

腕の力をしっかりと育てることができます。

 

ただ、まだ支持力が不十分な場合は支えきれずに

顔から転んでしまうことがあるので無理をせずに行ない、

腕の支持力を養うための遊びを取り入れながら

動ける体作りをし、自信にもつなげていきたいと思います。