ASDの子ども達が無理なく会話スキルを高められるよう療育を行なっています。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

私達が人と会話をする時、何気なくしているようで実は思っている

以上に頭を使っています。

相手が発した言葉だけでなく、その表情や声のトーンなどからも

相手の気持ちや意図を判断していて、こちらが伝える時も同様です。

 

しかし、発達障害、中でもASD(自閉症スペクトラム)の

子ども達はこの部分に苦手さがあるため、

対人関係やコミュニケーションの面で困難さを感じてしまいます。

 

 

他の子と同じように自然にスキルを身に付けていくことが

難しいのが発達障害を持つ子ども達なので、

子どものうちからの療育で少しずつ身につけられるように

支援・サポートが必要になります。

 

こどもプラスの放課後等デイサービス教室でも、

運動療育を主軸として言葉の発達やコミュニケーション能力、

社会性の向上を目指しながら

1人1人のニーズに合わせた支援を行なっていきます。

 

今日は、こどもプラスの教室で提供している運動療育プログラムの

中から「スタート&ストップ」をご紹介します。

子ども達は、指導者の「スタート」の合図で一斉に動き、
「ストップ」の合図でその場でピタッと止まります。


単純な遊びですが、合図で動いたり止まったりを
繰り返すことが前頭前野を刺激し育てます。
合図の出し方は、笛や手たたき、言葉、動作など
いろいろな合図の仕方で出していきます。

 

慣れてきたら、動く時は「わー!」と声を出しながら動いて、
止まった時は声を出さずに静止するようにしたり、
止まる時に指導者を見て、同じポーズで止まるようにするなどの
アレンジにも挑戦していきます。
こうしたアレンジでは、興奮と抑制のコントロールする力を
身につけたり、模倣力を養うことができます。

 

子ども達の育てたい力に合わせた遊びで、

無理なくスムーズに力をつけていけるように

働きかけていきたいと思います。