ADHD特性により生じる困難を環境調整などで軽減させていくことが必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ADHDの子ども達には知的な遅れはありませんが、

その特性により人間関係や生活面、学習面での困難が

生じやすくなります。

 

例えば、集中力や注意力が持続しにくいので

忘れ物やケアレスミスが多い、

衝動が抑えられず興味のままに体が動いてしまったり

思いついたことをすぐ口に出してしまう、

興味の持てない課題に取り組みにくい、

などが見られ、本来持っている力を出しにくい状態です。

そのため、その子に合わせて環境を整えてあげながら

力を引き出し伸ばしていくことが大切です。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスでは

運動療育を主軸としていますが、このような困り事も

運動療育で改善を目指していくことができます。

 

今日は教室で提供している運動療育プログラムの中から

「大きいスキップ」をご紹介します。

 

通常のスキップよりも、腕を振って大きな跳躍のスキップをします。

速く進むことが目的ではないので、太ももを高く上げて

上に跳ぶイメージで大きなジャンプになるようにします。

 

大きなジャンプをするためには、地面を強く蹴って

腕を振ることがポイントですが、

腕を大きく振ると体のバランスがとりにくくなるので

バランスを崩しやすくなります。

そこで、バランスをとる腹筋や背筋が必要になり養われます。

 

下半身の筋力や体幹の筋力、足の指先の踏ん張り力が養われる

遊びなので、日常生活での姿勢保持やそれに伴う

生活面、学習面での向上も目指しながら

楽しく遊んでいきたいと思います。