肯定的で具体的な指示で発達障害の子ども達のスムーズな行動につなげます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害の中でもASD(自閉症スペクトラム)の特性を持つ

子ども達への声掛けや指示では、少し気をつけるポイントがあります。

 

まずは具体的に端的であること、そして肯定的であることです。

例えば

「服がだらしないからちゃんとしなさい」

→「シャツのボタンを留めます」「シャツをズボンに入れましょう」

「走っちゃダメ!」

→「歩きます」

というように、言い換えるだけで子どもに伝わりやすくなるので

スムーズに行動することができます。

 

こどもプラスの教室でも、いつも子どもの立場に立って

サポートをしていきたいと思います。

 

今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムの中から「回転大縄跳び」をご紹介します。

 

子どもは大縄跳びの中に入って、その場で回転しながら
大縄跳びをします。

同じ場所で連続ジャンプをするのがポイントです。
ゆっくりで良いので、腕を振りながら一定のリズムで
連続ジャンプができるように練習してみてください。
最初のうちは難しい子も多いので、回し手が子どものジャンプに
合わせて縄を回してあげるようにします。

 

また、最初から大きく回転しながらジャンプをするのは難しいので、
少しずつ回りながらジャンプができれば良いです。

慣れてきたら45度、90度、180度といったように

少しずつ回転する角度を大きくしながらジャンプしてみます。

 

この回転しながらジャンプをする動きでは、跳びながら上半身を
ひねる必要があり、着地でバランスを崩しやすくなります。
そのため、体幹や足の指先の踏ん張る力などのバランスをとる力が
強く育つ遊びです。

1人1人の発達段階や運動能力、その日の様子などによっても

遊びを変えていきながら、より効果的に力を引き出し

伸ばしていきたいと思います。