ASDでは感覚過敏を持つことが多く苦痛を減らす支援が必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害の中でもASD(自閉症スペクトラム)の子ども達には

視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚といった五感に

過敏性のある場合が多いです。

 

感覚は目に見えないものなので周囲に理解されにくいのですが、

本人にとっては耐え難い苦痛で、体調不良につながったり

パニックのきっかけになることもあります。

 

子どもは特に自分の不快さや苦痛に感じていることを

言葉にして相手に伝えるのが苦手な場合が多いので、

身近な大人がしっかりと観察して原因を取り除いたり

環境を調整してあげる必要があります。

 

発達障害を持つ子ども達が毎日を安心して過ごせるように

私達も1人1人への支援を大事にしています。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービス教室で提供している

運動療育プログラムから「アヒルの音聞き」をご紹介します。

 

足を開いてしゃがみ、両手は口とお尻の辺りにつけて

アヒルのくちばしとしっぽのようにします。

この「アヒル」の姿勢になったら、

タンバリンの音に合わせて「1、2、1、2」と歩きます。

途中でタンバリンの音が止まったらぴたっと動きを止め、

タンバリンの音が鳴り始めたらまた歩きます。

 

タンバリンの音に合わせて動き、音が止まったら止まるということが

抑制力や切り替え力を養い、脳の前頭前野を育てます。

音に集中してできるようにタンバリンのリズムを変化させたり、

音の強弱をつけながら行ないます。

 

また、アヒル歩きでは足の指先の力やバランス力を強く養い、

今の子ども達が苦手な股関節を開くという動作もできます。

運動あそびで体と脳の育ちを促しながら、

1人1人に合った療育活動にしていきたいと思います。