夏休みは生活リズムなどが乱れやすいのでサポートが必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

もうすぐ子ども達は夏休みの始まる時期です。

夏休みなど長期休暇では、普段と違う生活になるので

生活リズムが乱れやすくなります。

生活リズムは一度崩れてしまうと元に戻すのは

とても大変なので、日々規則正しい生活習慣を心がけながら

夏休みだから体験できる経験や体験なども

大事にしてみてください。

 

こどもプラスの放課後等デイサービス教室でも

子ども達の困り事の軽減やスキルアップのために

1人1人に合った療育支援でサポートしていきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの教室で提供している運動療育プログラムから

 

「忍者おつかい」をご紹介します。

 

タオルやハンカチを足の間に挟んでジャンプしながら

縄などの障害物を跳び越えていきます。

忍者になったつもりで、ジャンプの時に音を立てないこと、

挟んだタオルを落とさないように気をつけること、

障害物に当たらないことを意識して遊んでいきます。

 

ジャンプした時に、タオルを落としてしまう場合は

どの位置に挟めば落ちないかを見本を見せて

確認しながら伝えます。

また、焦って進もうとするとジャンプで音がしてしまうので、

慌てずに膝の曲げ伸ばしの力を使って音のしない

静かなジャンプができるようにしていきます。

 

 

1人1人、得意や苦手があるので、その子のペースでステップアップ

していけるように調整しながら、無理のない楽しい療育活動に

なるようにしています。

そして、少しずつでも確実に力をつけ、将来の姿につなげて

いけるようサポートしていきたいと思います。