発達障害特性での切り替えの難しさにはより丁寧なサポートが必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

子どもなら誰でも、行動や気持ちの切り替えが苦手ということが

少なからずあると思います。

しかし発達障害の子ども達の切り替えの苦手さは

その比ではありません。

また、感情のコントロールも難しさもあります。

そして、そのことで一番苦しんでいるのは子ども自身です。

 

なかなかすぐに改善できることではないので、

子どもの気持ちに寄り添いながら

できることにできる範囲で取り組み、

少しずつスムーズに生活ができるように導いていきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムから「新幹線クマ」を

ご紹介します。

 

床にビニールテープなどで2本線を引き、線路を作ります。

この線路の上をクマ歩きで進んでいきますが、

通常より早いクマ歩きで進みます。

速いクマ歩きを意識付けるため、「新幹線みたいに速くね」などの

声掛けをしたり、先にお手本を見せておいたりします。

 

そして、速いクマ歩きをするためには、体を支える強い支持力と

手足をスムーズに動かす協応力が必要になります。

どちらかの力が欠けているとうまくできないので、

日常的にクマ歩きを行ない、力をつけておきたいと思います。

 

これらの力をしっかりつけておくことが

その後の様々な運動のスムーズな習得にもつながっていくので、

他の遊びともうまく組み合わせながら

バランスよく力の発達を促したいと思います。