人付き合いや暗黙のルールなど発達障害によって身につけにくい力があります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

定型発達の子ども達は、友達と一緒に遊んだり身近な大人と

関わったりする中で社会性やコミュニケーション能力などの

スキルを自然と身に付けていきますが、

発達障害を持つ子ども達は1つ1つ具体的に、丁寧に繰り返し

教えていかなければなかなか身につけることができません。

 

 

子ども達が社会の中で生きていくために必要になる

様々なスキルを身につけ、少しでも暮らしやすくなるように

私達も日々サポートを続けていきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「足を渡るクマ」をご紹介します。

 

大人は床に座り、足を伸ばして開脚しておきます。
子どもはクマ歩きでこの足をまたいで渡って行きますが、
足に当たったり踏まないように慎重に進みます。

 

足に当たらないように気をつけて進んでいくことで、
空間認知力や身体コントロール力、相手を意識する力も
養っていくことができます。


慣れてきたら足の幅を狭くしてみたり

友達同士でやってみるなど、変化させることで

難易度を上げてみます。

また、家庭での親子遊びとしてもおすすめです。
子どもに合わせてアレンジを加えたりしながら
楽しく遊んでいきたいと思います。