ADHDでは頭と体の多動で体力が消耗しやすい子達がいます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ADHDの子ども達の中には、いつもアクティブで元気いっぱい、
頭の中にはやりたいことが次々浮かんできて、

頭も体も常に動き回っているというタイプの子がいます。
こうした子ども達では体力の消耗が激しく、

自分の疲れに気付きにくいことが多いので

休息の時間を意識して取ることが必要です。

子どものうちは自分でそれを判断するのは難しいので、
周囲のサポートが必要になります。

子ども達が心身の健康を保ちながら成長発達していけるように

導いていきましょう。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムから

「ジグザグカップタッチクマ」をご紹介します。

 

ジグザグのコースを作り、コースの周りに赤・緑・黄色などの

複数の色のカップを置いておきます。

子どもは、ジグザグコースの中をクマ歩きで進みながら

「赤だけ」など指定された色のカップだけをタッチしていきます。

 

クマ歩きのポイントを意識しながらコースに合わせて

ジグザグに歩き、さらに指定されたカップを記憶しながら

タッチしていく、という複数のことを同時に行なう必要があり

高度な遊びになります。

慣れてきたら少し難易度を上げて「赤と緑」や「緑以外」

「赤→黄色を交互に」など複雑な指示にも挑戦します。

 

この遊びで、腕の支持力、バランス力や身体コントロール力の

強化、聞く力、語意力、判断力、記憶力の強化などを

促していくことができます。

 

個々の得意や苦手をよく見極めながら、段階に合った

あそびの提供、難易度の調整、補助や声掛け、アレンジなど

工夫しながら、必要な力をしっかりと補い育てていきたいと思います。