子どもの困り感を減らしながら将来に向けたサポートを大事にしていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

障害の有無に関わらず育児では悩みがつきものですが、

発達障害を持つ子どもの育児では、

子どもの友達関係のこと、勉強のこと、進学のこと、将来のことなど

その悩みは大きくなりがちです。

また、成長と共に悩み事、困り事の種類が変わっていったり

新たな課題に直面したりすることも多々あります。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスでは

子ども達1人1人の症状や特性に合わせた支援で

子どもの感じているストレスや困り感を減らし

親御さんの不安にも寄り添いながら、

丁寧に対応していくことを大事にしています。

そして子どもの成長を一緒に喜びながら

子ども達との関わりを大事にしていきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「積み木拾い」をご紹介します。

 

床にたくさんの積み木をばらまいておき、指導者に

指示された積み木だけを拾ってくる遊びです。

最初のうちは、数だけを指定して行なってみます。

次に、色や形などの要素を加えた指示で挑戦してみます。

 

その子によって取り組みやすい方法や理解しやすい方法が

違うので、1人1人に合わせて指示の仕方を変えたり、

ゲーム性を持たせてみたりしながら行います。

 

最初から複雑な指示を出さず、少しずつ発展させながら

難易度を調整していき、遊び感覚で力を養っていきます。

また、やりとりの中でコミュニケーション力や語彙力、

記憶力、集中力なども刺激し育てていけるように

個々に合わせたやり方で進めていきます。

 

運動あそびに楽しく遊び感覚で取り組みながら、

今後の社会生活で必要な様々なスキルを身に付けていけるように

働きかけていきたいと思います。