発達障害の子ども達の将来的な自立のためにその子の合った療育支援が重要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害)などの

発達障害は先天的なもので一生付き合っていく障害では
ありますが、1人1人に合った適切な支援・サポートを受けることが

できれば、その子なりに社会に適応していくことが可能です。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスでは、

子ども達が社会の中で安心してスムーズな生活が送れるように、
その子に合った方法で支援やサポートをしていきます。

 

今日は、こどもプラスの教室で提供している運動療育プログラムから

「シルエットグーパー」をご紹介します。

 

事前に、動物や動物の足跡、果物、乗り物などの身近なものの

絵をシルエットにしたシルエットカードを作っておきます。

このカードを1つずつ子どもに見せ、〇×クイズを出します。

答えが〇だと思ったら手足を広げて伸ばす「パー」の姿勢。

答えが×だと思ったら両手を曲げて胸の前につけ、

足を閉じた「グー」の姿勢になります。

 

〇×ゲームをシルエットにすることで楽しさも難易度も上がり、

集中力、思考力、判断力、抑制力などをより強く

育てていくことができます。

 

また、慣れてきたら人が何かをしているところの絵の

シルエットカードで挑戦してみます。

そうすることで、その人の動作や気持ちを考えることになり、

脳のミラーニューロン系が刺激されて

相手の気持ちを推察する力が養われます。

 

 

1人1人の必要としている力を見極めながら、

その子のペースで成長を促していくことができるように

働きかけを続けていきたいと思います。