個々の発達障害特性に合わせた支援でサポートすることが大切です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害を持つ子ども達が、集団生活に適応していけるように

するのは大切なことですが、やり方がその子の特性やペースに

合っていないとパニックになることが増えたり、

自信をなくして二次障害になりやすいので注意が必要です。

 

うまくできないことはサポートしてあげたり、

失敗経験を減らし、たくさん褒めてあげることや成功体験を

増やしていきながら、その子が自分らしく過ごし

成長していけるように療育活動を行なっていきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムから

「色分けすずめポイントジャンプ」をご紹介します。

 

鉄棒を握って跳び乗り、肘を伸ばして顔を上げて前を見ます。

足も閉じてまっすぐ伸ばしておきます。

そこから足を前後に大きく振って反動をつけ、

後ろにジャンプして両足で着地します。

 

着地点の辺りには4色ほどの線を5~10cm間隔で

つけておき、まずは線を意識してジャンプする練習をします。

慣れてきたら、事前にどの色に着地するか宣言してから

やってみます。

 

 

まずは大きなジャンプよりも、狙った位置に正確に

着地することを大事にしながら行います。

慣れたきたらポイント制にしたり、競争にしてみたりしながら

楽しく本気で遊べるような工夫もしていきたいと思います。