LD(学習障害)の症状や特性は個人差が大きく個々の状態の把握が大切です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害の1つ、LD(学習障害)ではいくつかのタイプがありますが、

苦手とする一部の分野だけに困難があります。

例えば、他の教科ではまったく問題が見られないのに

算数だけ極端に苦手だったり、

字を読むのが苦手で音読や書き取りが苦手だったり、

その子によって症状の現れ方が違います。

 

また、その状態にも個人差がかなりあり

他の障害と合併していることも多いので、

1人1人の得意と苦手、持っている特性などを

しっかりと把握し、決め細やかな対応をしていく必要があります。

 

子ども達が、学習面だけでなく将来につながる力を

しっかりと身に付けていけるように

教室では丁寧なサポートをしていきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「色別ウシガエル」をご紹介します。

 

床に線路のように2本の線を引き、線の中には赤いテープで

印をつけます。線の外側には青いテープで印をつけます。

そして、手は赤につく、足は青につくというルールを最初に

しっかりと伝え、手→足→手→足の順番に動かしながら

前に進んでいきます。

 

色によって手足をつく位置を覚えておく記憶力と、

次の色を探して判断するという動作を素早く行なうことで、

考えながら動く力が養われます。

さらにステップアップする時は、赤と青をランダムにしたり、

印の間隔を広くしたり狭くしたりする、

直線コースだけではなくジグザグコースにしたりします。

 

この遊びの目的はスピードを競うことではなく、

見て判断する力や体を器用に動かす力を養うことです。

子ども達はついスピードを競いたくなることも多いですが、

そうではない楽しさも感じてもらえるように

たくさん工夫をしながら提供していきたいと思います。