発達障害特性で自分のストレスや体調不良に気付きにくいことがあります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害のある子ども達は、様々な面でストレスを感じやすく、

それによって体調不良に陥ってしまうことも少なくありません。

しかし、中には自分がストレスを感じていることや

体調不良になっていることにも気付きにくい子もいます。

また、そうした状態では感覚過敏などが強く出やすいので

さらにストレスを感じることが増えてしまいます。

 

自分の体調やストレス、そしてその原因を知ることは

今後の自己管理の面でもとても大切なので、

少しずつ自己理解を深め、

毎日を安心して過ごしていけるようにサポートを

していくことが必要です。

 

私たちの教室では、1人1人のお子さんの小さな変化にも

しっかり対応できるように心がけながら、

丁寧な療育活動でサポートをしていきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムから

「積み木拾い&積み木積み」をご紹介します。

 

床にたくさんの積み木をばらまいておきます。
子どもは、指導者に指示された色や形、数の積み木を拾って
それを指定された場所に積みます。
積む場所は、折り紙やビニールテープで作った枠など、
わかりやすいように工夫して作っておきます。

 

拾う積み木の指示は、
「積み木を3つ拾って、赤い場所に積みましょう」
「バナナの色の積み木を3つ拾って、黄色い場所に積みましょう」
「赤くて四角い積み木を2つ拾って、好きな色の場所に積みましょう」
など初めは数だけ、次は数と色の組み合わせというように

少しずつ難易度を上げて挑戦してみます。

 

また、「赤」や「四角」だけでなく

〇〇の色、〇〇の形などの言い方をすることで、
イメージ力や認識力なども養うことができるので、
1人1人に合わせて取り入れていきます。

 

この遊びは、指示をよく聞いて理解し、

それを記憶しておきながら体を動かすことが必要で、
子ども達には意外と難しい遊びです。
それぞれの段階や得意不得意などにも合わせて

調整しながら、その日の様子や興味に合わせて
楽しく運動あそびを行なっていきたいと思います。