療育は平均点を目指すものではありません。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

療育は、「できること」と「できないこと」の差が大きく

生活に支障をきたしている子ども達に、

その差を少しずつ狭めたり修正したりしながら

生きやすくしていくためのものです。

 

そして、誰でも多少の発達の凸凹や得意不得意、

譲れないこだわりなどはあるものなので、

出来・不出来だけにとらわれず、

1人1人の個性を活かしながらより良い変化・成長へ

導いていくことがとても大切です。

私たちの教室ではそんなことを大事にしながら

子ども達に療育活動を提供しています。

 

今日はこどもプラスの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムから

「足閉じソリ」をご紹介します。

 

2人組みになり、1人はソリ役、

もう1人はソリを引っ張る役になります。

2人は向き合い、ソリ役の子は座って足を伸ばし

くっつけておきます。

引っ張る子はソリ役の子と両手をつないで

そのまま後ろに歩いて引っ張って進んでいきます。

 

 

ソリ役の子は姿勢をやや後傾にして、かかとを少し

上げるように意識すると相手が引っ張りやすくなり

スムーズに進めます。

膝が曲がったり上半身がねじれたりすると

うまく進めないので、体全体に力を入れて

足をまっすぐに伸ばした状態を維持できるように

しっかりポイントを伝えて行います。

 

また、足を閉じた状態だと横に倒れないように

バランスをとる必要があり、

腹筋や背筋が強く養われます。

苦手な子は足を開いた足開きソリで行います。

 

ペア遊びなので、社会性やコミュニケーション能力の

向上にもつながります。

この遊びは2人の息を合わせることが

大事なポイントになるのでとても良い遊びです。

それぞれが無理なく楽しく遊べるようにしながら

必要な力を育てていきたいと思います。