療育で大事なことは「子どものやる気を育てる」ことです。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

放課後等デイサービスの教室では、運動療育や学習支援、

言葉のトレーニングなどを行い子ども達の育ちを

サポートしていますが、療育活動の中で大事なことは

”子どものやる気を育てる”ことです。

 

そのために、子ども自身が「できた!」という達成感や

成功体験を多く積み重ねていけるようにしています。

そうすると、最初は新しいことにチャレンジするのが

苦手だったり、いつも否定形から始まって挑戦することが

苦手だった子も、少しずつ前向きにいろいろなことに

取り組もうとするようになることが多いです。

また、できない時やわからない時も

それを伝えることができるようになったりします。

 

そこから少しずつ全体的な発達にもつながっていくので、

いつも子ども達1人1人の気持ちに寄り添いながら

支援・サポートしていきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムから

「ポイントジャンプ」をご紹介します。

 

A4サイズほどのマットを床に間を空けながら

並べてコースを作ります。

 

子どもはこのマットの上だけを、両足を揃えて跳ぶ

カンガルージャンプで跳んでいきます。

 

マットの上だけを正確に渡っていくことで

空間認知能力を高める遊びなので、

マット同士の距離や大きさをランダムにしたり

ジグザグに進めるようにすると

よりその効果が高まります。

 

また、慣れてきたら複数の色のマットにして、

「指定された色だけを跳んで渡る」

「乗ってはいけない色を指定する」

「指定された順番に色を渡る(赤→黄→青など)」

「指定された数しか乗ってはいけない」

などルールを設定しながら遊んでみます。

 

こうしたアレンジで、判断力や集中力、記憶力や

記憶の操作力、先を読む力などが効果的に向上します。

1人1人に合わせた遊び方で、それぞれに必要な力を

無理なく身に付けていけるように

働きかけていきたいと思います。