療育では、目標に向かって継続して積み重ねていくことが大切です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

療育は、発達に遅れや偏りがあることで

生活上で様々な困り事を感じている子ども達の

困り感を減らしていけるように、

1人1人目標を立てながら取り組んでいくものです。

 

始めてすぐに目に見えて大きな効果が見られるものでは

なく、継続して積み上げていくことが大切です。

苦手なことや理解が難しいこともたくさんありますが、

療育を行うことで少しずつ成長を促し、

生きる力を育んでいきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムから

「スタート&ストップ」をご紹介します。

 

「スタート」と「ストップ」の合図に合わせて
動く→止まるを繰り返して遊びます。
合図は子ども達の認識しやすい方法が良いので
言葉、動作などで行い、少しずつ

ステップアップしていくようにします。


また、動くと止まるのメリハリを大事にするのが

ポイントで、これによって前頭前野の活動を

育てることができます。

止まる時にピタッと止まることができると
足の指先の力も養われるので、

普段の生活でも転びにくくなったり

バランスがとりやすくなることにつながります。

 

慣れてきたらクマ歩きや後ろ歩きなど

 

いろいろな動きでチャレンジしてみたりしながら、

1人1人が効果的に必要な力をつけられるように

たくさんの工夫、働きかけをしていきたいと思います。