自信が持てる療育で子どもの力や可能性を引き出し伸ばしやすくしていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害のある子ども達は、苦手なことやできないことが
どうしても多くあります。
周りの子は簡単にできているのに自分はどれだけ

がんばってもできない、という経験が積み重なると
自信も自己肯定感もひどく低下してしまい、
「どうせ頑張ってもできない」と挑戦することを
あきらめてしまうことも多くなります。

そうなるとステップアップが難しいだけでなく、
持っている力や可能性を引き出すことも困難にします。


子ども達が自分に自信を持ちながら能力を伸ばし、
いろいろなことに興味を持ったり挑戦したりして
将来の姿につなげていけるように
日々の関わり、働きかけがとても重要です。

1つ1つ子どもの困り感を減らしながら、

その子の得意分野や長所になる部分などを

しっかりと伸ばしていけるようにサポートを

していきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムから

「コウモリでなぞなぞゲーム」をご紹介します。

 

子どもが鉄棒でコウモリの姿勢になったら、
簡単ななぞなぞを出します。
子どもは逆さまの状態でなぞなぞに答えます。

 

1つ答えられたら次は2つ、3つと増やしていきますが、
あまり長時間ぶら下がっていると危ないので
時間を見て行うようにします。
なぞなぞ以外にも、〇×ゲームやシルエットクイズなど
子どもに合わせて行っていきます。

 

ぶら下がりを維持しながら、逆さまの世界の中で
出されるなぞなぞをよく聞いて判断し、
答えを考え出すという動作は、意外と難しいことです。

逆さまの状態では通常よりも判断力が低下するので、
最初は簡単な質問から始め、ぶら下がることを

楽しみながら少しずつステップアップを目指して

遊んでいきたいと思います。