運動療育で失敗経験を減らし心の育ちもサポートします。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害特性のある子ども達の中には

体の使い方が不器用で日常生活に支障をきたしているという

子ども達がかなり多くいます。

そうすると、うまくできないという失敗体験を

積み重ねてしまうことになり、

様々なことへの自信がなくなってしまいます。

 

動作がうまくできないのには理由があります。

必ずしも筋力不足や経験不足ということではなく、

もっと根本的なところに原因があることも多いので、

他の子と同じやり方ではうまくいきません。

原因を知り、補うべき力があれば補いながら

子ども達の心の育ちもサポートしていくことが大切です。

 

運動には、自己肯定感や自己有能感を育てやすいという

側面がありますので、運動療育の中でも

子ども達1人1人に合わせた活動で

支援・サポートをしていきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムの中から

「〇×グーパー」をご紹介します。

 

〇×ゲームを全身を使って行います。

クイズの答えが〇だと思ったら、

両手両足を大きく広げたパーの姿勢、
×だと思ったら、両手は曲げて胸の前に付けて
両足を閉じたグーの姿勢になります。

難しい場合は、手だけや足だけのグーパーでも良いです。

 

聞く力と、判断して動く力が必要になる遊びです。

最初は簡単な問題から始め、

音や絵カードなどいろいろなものを使って

楽しく取り入れながら力を高めていきます。