私たちが提供するのは体力や筋力をつけるためだけの運動ではありません。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

私たちの教室では運動療育を主軸として療育活動を

行なっていますが、ただ体を動かして体力や筋力を

つけるだけが目的ではありません。

 

楽しく体を動かすことで効果的に脳機能を高めたり、

運動によって高まった集中力や記憶力を

学習にうまくつなげて効率性を高めたりすることができます。

また、遊びながら社会性・コミュニケーション能力・想像力・

空間認知力・リズム感なども育てられ、

総合的なスキルアップが目指せます。

 

そして何よりも、1人1人の発達段階や特性に合わせて

運動あそびを提供できるので、無理なく補いたい力を

身に付けていくことができます。

それは失敗経験を少なくして成功体験を増やすことにも

つながるので、子ども達が自信をつけ自己肯定感を

高めることにもなります。

自信や自己肯定感は、子ども達がこれから生きていく上で

必要不可欠なものなので、とても大事にしています。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムの中から

「しゃがみカニ歩き+障害物」をご紹介します。

 

子どもは平均台の上に横向きに乗り、足を開いてしゃがむ

カニのポーズで横歩きしていきます。

両手はカニのように顔の横でチョキにして固定し、

足はつま先立ちで歩くようにします。

平均台の途中に、縄やスリッパなどの障害物が置いてあるので、

当たらないようにまたいで避けて進みます。

 

障害物をまたぐ時は足を高く上げなければいけないので、

転ばないようにバランスを保つ筋力やバランス感覚が

強く必要になります。

まずはあまり高さのない障害物から始めていきます。

 

しゃがんだ姿勢で横歩きをするのは、体の稼動箇所が

制限されるので意外と難しい動きです。

さらに、バランスをとるための腕は顔の横で固定しているので

よりバランスがとりにくい状態です。

 

この遊びを行なっていくと、全身の筋力調整能力も向上します。

 全身の筋力調整力が育つと、集団生活などで人の話を

聞く時に、背すじを伸ばした良い姿勢を保つことが

できるようになってきます。

 

このように、遊びを通して日常生活に役立つ様々な力を

育てていきたいと思います。