発達障害特性による困り事が生き辛さにならないよう支援していきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

「ADHD」については、これまでの間にかなり詳細に

わかってきています。

しかし、その診断は簡単ではありません。

ADHDというと「落ち着きがない子」というイメージが

あるかと思いますが、一見落ち着きがなくてADHDのように

見える子でも、ただ活発でエネルギッシュなだけだったり、

生育環境の中での問題がそうした症状に

つながっていたりすることもあります。

 

大事なことは、子ども達が困っている特性に対しては

解決策を一緒に考えながらサポートしていくことと、

良い特性は伸ばしながら将来につながるように

導いていくことです。

子ども達が今感じている困り事が生き辛さになる前に、

1人1人に寄り添いながら支援していきたいと思います。

 

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムの中から

「跳び箱跳び移りジャンプ」をご紹介します。

 

1段と2段の跳び箱を複数用意し、低い→高い、高い→低いと
間を空けて並べておきます。
跳び箱以外に、丸めたマットを使ったりもします。

 

子どもは跳び箱の上に乗り、軽くジャンプしながら

渡っていきます。

落ちないようにゆっくりで良いので、

1つずつしっかりとジャンプして進むようにします。
渡り終えたら、両足を揃えて着地するところまで
意識して行なってみます。
慣れてきたら、跳び箱と跳び箱の距離を少しずつ
離して難易度を上げていきます。

 

高さが苦手な子は、足元ばかりが気になって
目線が下になり、背中が丸まってしまいがちです。
しかし、その方がかえってバランスを崩しやすいので、
足元と次の跳び箱の両方を交互に見ながら行なうように

声掛けしたり、隣で手をつないで補助をしたり、

低い高さでチャレンジしてみたり、工夫しながら

サポートしていきます。

 

この遊びでは、高所感覚やバランス感覚、空間認知力などが

育ち、体幹や足の指先の踏ん張り力なども強くなります。

一人ひとりに合わせていろいろなアレンジをしながら、

楽しい運動あそびで体と心、脳を育てていき、

困り事の改善にもつなげていきたいと思います。