1人1人が自分のペースで成長できる療育活動を行います。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

子ども達の発達は、障害の有無に関わらず

基本的には同じ段階を踏んで進んでいきます。

しかし発達障害があったり、その特性を持つ子ども達では

月齢に見合って発達が伴っていかないという状態です。

発達のスピードがゆっくりだったり

途中で止まったり戻ってしまうこともあります。

 

1人1人が自分のペースで成長し、

自分の持っている特性を活かしたり、うまく付き合っていけるように

将来をみすえて今最適な支援ができるように

教室では心がけて療育を行なっていきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムから

鉄棒遊びの「エントツ」をご紹介します。

 

まず鉄棒で逆さまにぶら下がるコウモリの姿勢になったら、
そこから足を真上に向かって伸ばしていき、
身体がまっすぐになったら顎を開いて地面を見ます。


身体をまっすぐにするためには、
上に伸ばした両足の親指に力を入れて、
腕と腹筋、背筋でバランスを保ちながら
体重を支えるのがポイントです。

うまくできない場合は、補助を行いながら

少しずつ感覚を覚えたり力をつけていきます。

 

慣れてきたら、この姿勢でしりとりやなぞなぞを行います。
逆さまの状態で別のことを考えたり言葉を発することで、
より強い逆さ感覚、集中力や判断力、思考力などを

身に付けていくことができます。

 

様々な運動あそびを通して、

得意な子も苦手な子も無理なく楽しみながら

それぞれに必要な力をつけていけるように

促していきたいろ思っています。