子どもの自信を育みながら能力アップを目指し生きる力を育てます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害や発達の遅れが気になる子ども達では、

それぞれの持つ特性によって

家庭でも保育園や幼稚園、小学校などの集団生活の

場でも、多くの困難さが伴います。

 

まずは子どもの特徴を理解し、生活しやすい工夫、

考えて行動する機会をつくったり、過去の経験を

生かす方法を学べるような働きかけも大切です。

また、感情をコントロールしやすくする声かけや

そのための取り組みをしたり、

できるだけ小さい時期からコミュニケーションのとり方や

基本的なルールを教えて社会の中で生きる力を育てること。

そして、何よりも子どもの努力や成長を評価して

自信を育みながら関わっていくことがとても大切です。

 

私たちが行なっている運動療育では、

このような要素を取り込みやすく、効果的に

力にしていくことができます。

 

今日は、こどもプラスの教室で提供している運動療育

プログラムの中から「ジグザグ歩き&動物歩き」をご紹介します。

 

ビニールテープや縄などを使ってジグザグのコースを

作り、幅の広いところと狭いところや

角度の大きいところと小さいところなど

変化のあるコースにしておきます。

 

子どもはこのコースの中だけを

線からはみ出さないようにまずは歩いて進みます。

できたら、次は走って進んでみます。

それだけではすぐに飽きてしまったり、

スピードを出しすぎると怪我にもつながるので、

慣れたら次はクマ、ウサギ、カンガルー、カエルなどの

動物の動きで行います。

 

ジグザグで、道幅も場所によって違うような

変化のあるコースを動物の姿勢で進むことで、

空間認知力や身体コントロール力などが強く養われます。

次のステップでは、コースの線をヨーグルトのカップなどを

間隔を空けて置いて作ってみたり、

動物の動き以外に後ろ向きで進んでみるなどの

アレンジなどで、より様々な力を育てていきます。

 

楽しく遊び感覚で行なえる運動あそびに

それぞれの課題を組み合わせながら、

子ども達が必要としていける力をしっかりと

身につけていけるようにサポートしていきたいと思います。