運動あそびで子どもの発達を総合的に促し療育の効果を高めます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

療育に通っている子ども達は、

社会性、コミュニケーション能力、言語力、判断力、

記憶力、運動能力などいろいろな部分の発達がありますが、

得意と苦手の差が大きかったり

発達がゆっくりだったりします。

 

療育では、苦手だったり弱い部分の力を補いながら

持っている力を引き出していきますが、

まずは今感じているストレスや困り事を減らして

生きやすい状態にしていくことが大事です。

 

そして、こどもプラスの教室では運動あそびを

中心とした運動療育を行なっていますが、

運動の目的は単に体力や運動能力をつけるだけではなく

その背景にある脳機能や子どもの能力を伸ばすこと、

自信や自己肯定感を育むことなどがあります。

 

運動と組み合わせることで、より効果的に力が

育ちやすくなるものもとても多いので、

1人1人に合わせながら提供していくようにしています。

 

 

今日は、私たちの教室で提供している運動療育プログラムから

「カメさんゴロゴロ」をご紹介します。

 

子どもはうつ伏せに寝転がり、体を反らせて
両手で両足首を持つカメさんの姿勢になります。
指導者が雷の真似をして「ゴロゴロ~」と言うので、
子どもはそれが聞こえたら手を離して
素早く床にべたっとなります。
雷の音が止んだらまたカメさんに戻ります。


これを繰り返しますが、タイミングをズラしてみたり

時々違う言葉で引っ掛けを入れてみたりもします。

また、慣れてきたら動きを追加してチャレンジしてみます。
「雷だ!」と言った時は膝を抱えて丸い石になる。
「カラスがきた!」と言った時はしゃがんで
頭を抱えた姿勢になるなど、
いろいろなパターンで遊んでみながら

聞く力や判断力なども少しずつ育てていきます。

 

このカメさんのポーズは、腹筋や背筋、首の筋力、
体の柔軟性などが育つ遊びです。

繰り返し行なうことで身についてくる力なので、

子ども達が自分からやりたくなるような

楽しい取り組みをたくさん考えていきたいと思います。