子どもの特性に合わせた関わりで将来につながる力を育てます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD(自閉症スペクトラム)の特性を持つ子ども達は、

相手の気持ちを推察しにくいという特徴がありますが、

実は他者だけでなく自分自身の気持ち、感情にも

気付きにくいことがあります。

そのため、何かあった時にも”ただ不快な感じ”という

認識になってしまい、かんしゃくを起こしたり

急に走り出したり大きな声を出したりすることで

表現してしまったりします。

 

例え言葉が流暢に話せて、難しい言葉をたくさん

知っているとしても、自分の感情に気付き

それを言葉にして伝えるということは

とても難しいことで、それは本人にとって

強いストレスにもなります。

 

ただ、そのことを周囲の人が知っているかどうかで

発達障害を持つ子ども達の生きやすさは大きく変わります。

周囲の人の正しい理解と関わりは、

子ども達がスムーズに成長していくために欠かせません。

私たちも精一杯サポートをしていき、

将来の姿につなげていきたいと思います。

 

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで

提供している運動療育プログラムの中から

「忍者カンガルーが転んだ」をご紹介します。

 

「だるまさんが転んだ」を、両足を閉じて跳ぶ

カンガルージャンプで行います。
ジャンプではできるだけ足音がしないように、
かかとを上げてつま先ジャンプで進むようにします。

 

動く→止まるのメリハリをしっかりつけて

体のコントロール力を高めたり、
鬼の言葉のリズムに合わせて動くことで
リズム感や感情をコントロールする力、抑制力も

身についてきます。

人のリズムで動くことは、脳にとても良い刺激を

与えてくれることがわかっています。

 

また、つい一番になりたくて走りたくなりますが
最後までカンガルーさんで行うことがポイントです。

こうした部分でも抑制力が育ち、集中力や記憶力、

ルールを守る社会性なども高めてくれるので、

日々の運動療育の中では体作りだけでなく、

日常生活でも役立つ力をたくさん育てていくことができます。

 

それぞれの育てたい力に合わせながら、

楽しく効果的な療育活動を提供していきたいと思います。