社会生活で必要なスキルを身に付けにくい子ども達には遊びを通した療育が効果的です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

子ども達は、家庭や学校などでの日常生活の中で

人との関わり方や一般的なルール、マナーなどを

自然と学んで身に付けていきますが、

発達障害を持つ子ども達にはそれが困難なことがあります。

 

1つ1つ具体的に方法を教えてあげなければ

身につかないことも多いので、

その子に合う方法でサポートしたり

困った時の対処法を一緒に考えてみることが必要です。

周囲を悩ませる行動も、よく見てみると必ず理由があり、

 

適切に対応してあげることで改善していくので、

将来の社会生活で活かせるように

先を見据えた支援を行なうことが大切です。

 

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムの中から

「スキップ氷鬼」をご紹介します。

 

いわゆる氷鬼を、スキップで行います。
走って行なう一般的な鬼ごっこでは

子ども同士の衝突事故が起こりやすいですが、
スキップで行なうことで衝突事故は起こりにくくなります。


この鬼ごっこは終始スキップで行うのがルールです。
楽しくて興奮してきたり、鬼に捕まりそうになると
つい走ってしまいたくなりますが、
走らずにスキップで行なうように意識します。
ルールを守るということも、社会性を育てるという面で
とても重要なことで、遊びによって

身に付けやすい力でもあります。

 

また、鬼ごっこは鬼と自分との距離感や位置を

常に把握しながら動き、
他の友達も見て逃げる方向やタイミングを決めて
瞬間的に動く必要があるのでとても頭を使う遊びです。
集中力、判断力、空間認知力、瞬発力、
そして社会性が大きく育てられる遊びなので、
子ども達の様子にも合わせながら

楽しく取り入れていきたいと思います。