子どもの気持ちに寄り添うことで効果的な療育支援を行なっていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害を持つ子ども達の抱えている困り事は多岐に渡り、

短期間で改善するのは困難です。

また、効果的な対処法も皆同じではないので

その子に合ったやり方を模索する必要があります。

そして、何よりも子ども本人のやる気や意思が

大切なポイントになります。

 

簡単なことではありませんが、適切に支援を

行なうことで、子ども達は必ず良い方向に向かって

成長してくれます。

 

まずは困り事の背景や原因をしっかりと見極め、

子どもの気持ちに寄り添っていきながら

効果的な療育支援を行なっていきたいと思います。

 

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの

教室で提供している運動療育プログラムから

「方向ジャンプゲーム」をご紹介します。

 

指導者が「前」「後ろ」「右」「左」と方向の指示を出し、
子どもは指示された方向に両足ジャンプで跳びます。

この時、両足を揃えてジャンプすると

足の踏ん張る力や腹筋なども効果的に鍛えられます。

 

また、慣れるまでは「前」と「後ろ」の2方向だけで行い、
慣れてきたら「右」「左」も混ぜて行います。
ペースも、最初は子どものペースに合わせて行いますが
だんだん指導者のペースで行なうようにします。

人のペースで動くには、聞く力と集中力、判断力などが

強く必要になります。
無理のない範囲でゲーム性を持たせながら

楽しく取り入れ、それぞれの課題である力も

しっかりと育てていきたいと思います。