療育ではコツコツ積み重ねることがとても重要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

 

子育てをしていると、時には子どもの劇的な変化や成長を

期待してしまうこともありますし、

得意なことや好きなことを伸ばしてあげたいと

躍起になってしまうこともあると思います。

 

でも、療育を受けている子ども達には

特にコツコツと小さな取り組みを積み重ねてあげることが

大切です。

ただ、そこに本人の意欲が伴わなければ

効果は薄くなり継続も難しくなってしまうので、

子どもの興味に合わせたり楽しめる工夫をしながら、

自主的に取り組めるようにすることが必要です。

 

そうした活動の中で子ども達が無理なく、

でも確実に力をつけ、それが将来に役立つものに

なるようにサポートをしていきたいと思います。

 

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの

教室で提供している運動療育プログラムの中から

「ケンケン遊び」をご紹介します。

 

子ども達は一列に並んで、前の子のあとについて
ケンケンで進んでいきます。
前の子をよく見て、遅れたりぶつかったりしないように
一定の距離を保って動きます。

 

右足ケンケンの次は左足ケンケン、
たまに両足ジャンプになったりもします。
慣れてきたら、リズムを変えたり
障害物をくぐったり目印にタッチしたり、
途中でいろいろな動きをプラスしてみます。

こうした遊びで、集中力や抑制力も養いながら

社会性の部分も高めていきたいと思います。