症状は目立たなくても本人は大きな困り感を感じていることがあります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ADHDと聞くと、授業中に立ち歩いたり、
じっとしていられないなどの多動性や
思いついたら考えるよりも先に行動してしまう
衝動性の症状をイメージされる方が多いかもしれません。
実際こうした症状は目立つので、周囲に
認知されやすく、早い段階での支援につながります。

 

しかし、それよりも不注意の特性が強い場合、
身体的な多動は少なくても頭の中の多動はあるという
場合ではなかなか周囲も気づきにくく、
適切な支援が遅れてしまうケースが多くあります。

 

目に見える症状は目立たなくても、

不注意も頭の中の多動も
日常生活には大きく支障を来たすものです。
本人はひどく困り感を感じていることが多いので、
違和感を感じることがあれば

子どもをよく見てあげることで困り事の改善に

つなげていくことがとても大切です。

 

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの

教室で提供している運動療育プログラムから

「ウシガエルのフープ渡り」をご紹介します。

 

フープを縦にいくつか並べてコースを作ります。
このフープの中だけに手足をついて、
ウシガエルの動きで進んでいきます。


まず両手をフープの中につき、
次に足を同じフープの中について、
手→足→手→足の順番に前に出して進みます。

手をつく時にフープの中央辺りにつかなければ、
足を入れる場所がなくなってしまうので、
1回1回手をつく位置、足をつく位置を考えながら
動きをコントロールして行なう必要があります。


焦ると手足同時にジャンプしてしまったり
足がフープからはみ出してしまったりするので、
ゆっくりで良いので確実に行ないます。

 

このウシガエルの動きは、跳び箱の跳び越しにつながる

遊びの1つですが、それだけでなく
他の様々な動きの習得、動ける体作りにつながります。
自分の体を思い通りに動かせることは

子どもにとって自信になり、

日常生活でも大いに役立つ力になります。

 

1人1人の育てたい力に合わせて様々な工夫をしながら

楽しく効果的な療育活動を行なっていきたいと思います。