体・脳・心の発達に良い運動を継続できる療育活動にして行います。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

私たちにとって運動は、体だけでなく脳を活性化させてくれる
などの様々な良い影響を与えてくれるものです。
そのため、子ども達の発達においても欠かせないものですが、
特に発達障害のある子ども達にはおすすめです。

 

やはり継続が大事になるので、個々の運動能力、得意不得意や

興味関心などに合わせた内容にすること、
やりたくなる動機付けや声掛けなど
細かなところにも工夫・配慮をしながら行います。
そして、それぞれの課題である力が効果的に
身に付けられるように療育活動を進めていきます。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムから

「忍者歩きでダッシュ」をご紹介します。

 

忍者のように、足音を立てずに静かに移動します。
姿勢を低くして、つま先立ちで足を高く上げないように
すり足のようにして歩くと静かに進めます。
どうすれば足音を立てずに速く進めるかを
一緒に考えてみたりもします。

静かに歩けたら、少しずつスピードを上げて

 

走ってみたりしながら上達を目指していきます。

 

すり足の動きはいつもと違う歩き方になるので、

全身をコントロールする調整力やバランス力が育ち、

普段転びやすい子にもおすすめの遊びです。

 

いろいろな動きと組み合わせたり

アレンジを加えながら楽しく取り入れていきたいと思います。