発達障害を持つ子ども達の中には体幹筋力の弱さで生活に困難を感じている子がいます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達面で配慮の必要な子ども達の中には、

生まれつき体幹などの筋力が弱く

日常生活にも支障をきたしてしまっている場合があります。

転びやすい、まっすぐ走れない、

立っている時や座っている時に姿勢を保てない、

などのことから、怪我をしやすかったり、

学習面や食事面、集団活動での困り事にも

つながってしまいます。

 

体幹の筋力を効率よく育てるには、

実はジャンプ遊びがとてもおすすめです。

1人1人に合わせた内容で、楽しく効果的な

運動あそびを提供するようにしています。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムの中から

「なぞなぞ横跳び」をご紹介します。

 

まず、赤と緑など2色の縄を床に並行に置きます。

この2本の縄の間に子どもは入り、

指示された色の縄を横跳びで跳び越します。

 

色の指示は「赤」だけでなく

「いちごの色」「緑じゃない方」「先生の服と同じ色」など

少し考えて行なうようにしていきます。

考えながら動くことがとても大切です。

 

また、跳ぶタイミングも「せーの」の合図に合わせて

友達と一緒に跳ぶなど、社会性や抑制力なども育てます。

ジャンプの時もただ跳ぶだけではなく

両足を揃えて跳ぶことや、着地でできるだけ

音を立てないことなども少しずつ意識しながら、

多面的に働きかけていきたいと思います。