運動あそびで楽しく効果的に生活力向上につなげていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

私たちは療育活動の中で運動あそびを主軸としていますが、

運動はまず1つできたら次のステップ、

それができたらまた次というように、

段階を踏んで行なっていくものです。

なぜなら、私たちは1度に2つのことを行なうことが

できないからです。

あっちにもこっちにも意識を向けながら行なうのは

大人でも難しいので、1つ1つできるようにしていくことが

スムーズな上達のために大切です。

 

日常生活を見てみると、1度に2つ以上のことを

行なう場面は意外とあるもので、大人もつい子どもに

それを求めてしまうことがあります。

そうならないように、1つ1つスモールステップで

進めること、その度にしっかり認めて褒めてあげることを

繰り返しながら、様々な能力の上達につなげ、

子ども達の自信にもつなげていきたいですね。

 

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムの

「跳び箱からフープジャンプ」をご紹介します。

 

跳び箱とフープを用意し、

フープは跳び箱の前に着地位置の目印として置きます。

子どもは跳び箱の上に乗り、

フープの中をめがけてジャンプし両足で着地します。

 

ジャンプをする時に腕を振ること、

跳ぶ時も着地をする時も両足を閉じて行なうことが

ポイントです。

着地もフラフラせずピタっと止まれるように意識します。

 

この遊びでは、跳ぶ前に跳び箱からフープまでの

距離を計算し、それに必要なジャンプの大きさ、

力加減などを頭の中でイメージして行なうことで

空間認知力や身体コントロール力が養われます。

また、着地まで両足を揃えて行なうことで

腹筋背筋などの体幹の筋力、足の指先の踏ん張る力なども

しっかりと養われ、姿勢保持や歩行の安定などにも

効果が期待できます。

 

慣れてくるとフープを遠くしたり

跳び箱を高くしたりしたくなりますが、

怪我のリスクが高まってしまうので、

フープを左右にずらしたり

フープを3つ4つとつなげて、着地の後に

連続ジャンプをするようなやり方で、

安全に楽しく工夫していくようにしています。