子ども達の心身の成長には運動が大事な役割を果たします。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動が私たち人間の体に与える影響は、思っている以上に

大きいものです。

太ったり痩せたりという体の見た目だけではなく、

精神的な部分や脳や神経にとっても

とても大事な役割を果たすものです。

 

なので、心や体、脳の発達が著しい子ども達には

運動することがとても重要であることは

いうまでもありません。

 

ただ、どんなに良い活動でも、それが子どもにとって

やらされているだけの活動では意味がなくなってしまいます。

子ども達が興味を持ち、楽しみながら取り組めること、

そしてそこからそれぞれの課題につなげていけることを

大事にしながら、療育活動を提供するようにしています。

 

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムから

「つま先ダッシュ」をご紹介します。

 

かかとを床につけず、つま先立ちで走ります。

最初から走るのではなく、まずは足音を立てない

静かなつま先歩きから始めてみます。

 

この時、音を立てないように走るためには

どんなところに気をつければいいのか、

意見を出してもらったり、上手な子に見本を

見せてもらったりしながら話し合ってみるような

活動も様子に合わせて取り入れます。

  

つま先歩きは、足の親指を強く刺激することができるので

足の発達を促すのにとても良い遊びです。

足の親指がしっかり発達していないと、

歩く時にうまく地面を蹴れないので

歩き方がぎこちなかったり、バランスも悪くなって

転びやすくなります。

しっかりと足先が発達して地面が蹴れるようになると、

歩行の安定だけでなく、まっすぐ速く走れるようにもなります。

 

速く走れることも、子ども達には大きな自信になるので、

日常的な遊びの中で足の親指をたくさん刺激して

発達を促し、力にしていきたいと思います。